■本与板城跡

 本与板城は、丘陵先端の自然を巧みに利用し
た戦国時代の典型的な山城です。           
室町時代には越後の守護・上杉家家老の飯沼氏 
が居城としていましたが、その後、上杉謙信の重臣であった直江景綱の居城となりました。
そして、直江家が景綱、信綱、兼続と三代にわたり居城とし、天正年間に与板城を築き直江兼続が居城としました。